toggle

予防歯科

今まで、歯医者に行くと言えば、歯が痛くなって、しょうがなく行くという方がほとんどだったのではないでしょうか?確かに歯科医院は、虫歯や歯周病を治療することが主体でした。でも、昨今はお口のトラブルを回避していただくために予防歯科へお越しいただくことが多くなりました。

お口は全身の健康を守ると言っても過言ではないほど、大切な器官です。生涯しっかりと噛め、おいしくお食事を召し上がっていただくためにも、是非歯科医院へお越しください。

毎日歯磨きをされていると思いますが、それも立派な予防歯科です。そして定期的にその歯磨きがきちんとできているかを歯科衛生士がチェックしながら、皆様の不足な部分について説明したり、歯磨きでは落としにくい汚れについて機械を使ってしっかり落としていきます。セルフケアとプロケアを繰り返し行っていくことで、良いお口の中を保っていくことが重要です。

歯科医院で行う口腔ケア

ブラッシング指導

歯についているプラークを専用の薬剤で染め出し、プラークが残っている場所を確認します。歯ブラシの握り方や当て方を細かくチェックしていきます。患者様に合った歯ブラシの選び方を提案します。染め出しをすると、よく磨けていない箇所が明白になり、隅々まできれいに磨けるようになります。また歯ブラシだけでなく、歯間ブラシや小さいブラシ(プラウト)、フロスを一緒に使うことをお勧めしています。どの種類を組み合わせるかは患者様のお口の状態を見極めて衛生士がアドバイスしていきます。

生活習慣のアドバイス

歯磨きのタイミングは食後が基本です。できれば1日3回磨くことが望ましいですが、お仕事によっては歯磨きできないという方にも、注意点などをお話します。また好んでよく食べるものや食べる時間なども伺いながら、虫歯の発生リスクのお話をさせていただきます。

歯周ポケット測定

歯周ポケット測定

歯と歯茎の間の溝がどのくらい空いているかを器具を使って測定します。深さが深いほど歯周病が進行している可能性があり、出血が見られる場合には、歯茎に炎症があることを疑います。歯周病の進行目安として定期的に測定し、比較していきます。

スケーリング

歯石はスケーラーという道具で除去していきます。振動を利用した超音波スケーラーや歯と歯の隙間には手動スケーラーを用いて丁寧に除去していきます。歯石は一度ついてしまうと、歯磨きでは落とせませんので、定期的なスケーリングが必要になります。

フッ素塗布

普段お使いの歯磨き粉にはフッ素が含まれているものがほとんどですが、毎日使うもののため低濃度になっています。歯科医院で使用するものは高濃度ですので、定期的にフッ素塗布を行い、歯をコーティングします。フッ素剤には、歯質を強化してさんで溶けにくい歯にしたり、再石灰化を助けたりする働きがありますので、虫歯予防に効果的です。

シーラント

主に乳歯や永久歯が生えたばかりの奥歯を、レジンと呼ばれる歯科用プラスチックで、歯の溝を一時的に埋めます。歯がデコボコしていると歯磨きが届きにくく虫歯の原因となりますので、溝を塞ぐことで虫歯予防につながります。

レントゲン撮影

レントゲン

1年に1度はパノラマレントゲンと呼ばれるレントゲン撮影を行っています。レントゲンは1度撮ったら終わりではなく、歯周病により骨が吸収されてしまうこともあるため、定期的に撮影し、前回と比較を行います。