toggle

一般歯科

虫歯治療

虫歯は、口の中の食べ残しや、磨き残しの糖を餌に虫歯菌が繁殖し、酸を産生します。その酸により、歯の成分(リン酸やカルシウム)が溶け出し、虫歯が始まります。虫歯の始まりは、最初は白濁から始まり、進行しながら歯に穴が開き、さらに進行すると、歯の神経まで虫歯が進行していきます。

お痛みがあるとか、水やお湯がしみる状態になっている場合は、歯の神経まで虫歯が進行している可能性が高くなります。フェーズにより治療方法も異なります。削らないで済む時期に発見されればいいのですが、大きい虫歯になればなるほど、治療をしても、歯のダメージは大きくなります。

虫歯の症状と治療法

C0

要経過観察

虫歯の初期状態です。すぐには削らす、歯磨きを徹底して、フッ素を利用しながら、回復するのを経過観察します。

C1

エナメル質う蝕

エナメル質が溶け始めている状態です。状態により経過観察をしつつ、回復を待つか、削って虫歯を除去した場合はCR(歯科用レジン)で穴埋めをします。

C2

象牙質う蝕

エナメル質をから象牙質まで虫歯が進行した状態です。虫歯を削り、CRまたは、詰め物にて穴埋めをします。

C3

歯髄のう蝕

エナメル質から象牙質、そして歯髄まで虫歯が進行した状態です。お痛みがありますので、歯髄を取る必要があります。

C4

歯冠崩壊

歯髄を取り、回復を試みますが、難しい場合には抜歯になる可能性もあります。

歯周病治療

歯周病は歯周病菌が引き起こす感染症です。歯周病菌が少しでもいれば発症するというわけではなく、歯周病菌が増えるやすい環境や条件もしくは、先天性的に歯周病菌に対して弱い体質という条件が重なり発症、進行すると言われています。

歯周病菌は歯周ポケットといわれる歯の周りの深い溝の中に住んでいます。バイオフィルムといわれる歯周病菌が塊を作り歯周ポケットに潜んでいるため、薬や体の免疫が利きにくい状況にあります。

歯石は歯の汚れが石灰化したものですが、歯石自体は歯周病の直接の原因ではありませんが、歯周病菌の住かになるだけでなく、歯周病菌が出す有毒物質の宝庫となっています。歯石が付くと、歯ブラシでは落とせず、歯科医院での除去が必要になります。

歯周病の治療

レントゲンを撮り歯の周りの歯槽骨の状況の確認、歯周ポケットの深さの測定、歯肉のチェックにより、歯周病の診断を行います。治療方法としては、バイオフィルムや歯石の除去、歯ブラシ指導により、歯科医院とご家庭でのブラッシングで歯周病の改善をはかります。

定期検診の重要性

一度歯周病に感染すると、口の中の歯周病菌を完全に除去することは不可能です。治療により歯周ポケットを浅くし、歯石を除去することは可能ですが、問題はそれを維持することです。治療期間中には歯科衛生士により歯磨き方法などを指導していきますが、定期的に検診にお越しになることで、お口の中の状態が安定に保たれているかをチェックすることができます。歯周病は完治することができませんので、うまくコントロールすることが重要です。

入れ歯作成

入れ歯は、歯を失ってしまったときに、短期間で見た目を回復でき、周囲の歯を傷つけず、噛む機能を回復させるできます。

1歯から全歯まで作成できることも魅力です。

保険治療内で入れ歯を作成することもできますし、素材や製法が限られていますので、よりしっかり噛めることや見た目をよくするためには、自費診療による入れ歯作成も可能です。

ブリッジ作成

失ってしまった歯の代わりに、隣の歯を利用してブリッジを作成します。しっかり噛むことができますが、隣の歯が健康である場合は削る必要があり、ブリッジとして土台になる分、負荷が大きくなりますので、歯の寿命で考えると短くなる可能性があります。

ナイトガード作成(マウスピース)

ナイトガード、マウスピース

食いしばりの酷い方や、歯ぎしりをする方に、ナイトガードを作成いたします。気になる時間帯にお使いいただくことで、歯が削られたり、歯が割れるのを防ぎます。